準備を万全にする

結婚式は決めることや準備するものがたくさんあり、ついつい準備を忘れてしまうこともあるでしょう。ギリギリになって慌てないように、忘れがちなものを知っておくといいですね。

結婚式準備で忘れがちなことTOP5

ブーケを持つ人
no.1

撮影の指示

プロのカメラマンに撮影を依頼するのはほとんどの人がやることですが、特に忘れがちなのが細かい指示を出しておくことです。撮って欲しいシーンやアングルがあれば、前もってお願いしておきましょう。

no.2

小物の準備

衣装小物や、ウェルカムボードなど、自分たちで準備するものを忘れる人も多いですね。結婚式場側がどこまで準備してくれるのか、自分たちで準備するものがあるなら、いつまでに準備するべきなのかを前もって確認するべきです。

no.3

ハンドケア

顔や背中などはケアをしたのに、ハンドケアを忘れているのはもったいないです。指輪交換などで手に注目が集まることもありますから、保湿やネイルなどを行って綺麗にしておきましょう。

no.4

宿泊手配

遠いところから参列してくれるゲストがいるのであれば、宿泊の手配が必要になることもあります。ついつい後回しにしてしまいがちですが、空きが無くなってしまうこともあるので、忘れないようにスケジュールを組んでおきましょう。

no.5

招待状の準備

自分たちで用意することが多い招待状は、後回しにしがちです。そのため、準備がギリギリになってしまうことがあります。返信ハガキに切手を貼るのも忘れないようにしたいですね。

結婚式の種類

神戸や大宮で行われる結婚式には実は4つの種類があります。教会式と呼ばれる式が定番ですが、今回は神前式と人前式に焦点をあてて、違いを見てみましょう。

神前式と人前式の違い

神前式

和装で行うのが神前式の特徴ですが、神社だけでなく敷地内に神殿があるホテルなどで行うことも可能です。伝統的な式を行いたい人にはピッタリでしょう。

人前式

結婚式に参列した人から結婚の承認を得るのが人前式の特徴です。人とは違う結婚式を挙げたいと思っている人に人気があります。

楽しんでもらえる結婚式にしよう【結婚式の準備編】

人形

結婚式を挙げるメリット

結婚式は何度も行うものではありませんから、一生の思い出に出来ることが大きなメリットでしょう。また、成長した姿を親に見せることで親孝行にもなります。

ウェディング

引き出物は喜ばれるものを選ぶ

結婚式と言えば、引き出物の準備も必要です。お祝いのお礼にあたる引き出物は、喜んでもらえるものを贈ったほうがいいでしょう。自分で購入することの少ない有名ブランドの食器や、好きなものが選べるカタログギフトなどが人気のようです。

新婦

結婚式を盛り上げるなら演出にもこだわろう

演出には色んなものがありますが、時に人気なのがプロフィールビデオです。新郎新婦の生い立ちや出会い、結婚に至るまでを映像で紹介する演出です。新郎新婦の一方しか知らないゲストでも楽しむことができますし、お色直し中に流せばゲストが暇な時間を過ごすこともありません。

結婚式に関するみんなの疑問

花嫁

申し込みはいつまでにやったらいいの?

余裕を持って打ち合わせを行うためにも、結婚式の3か月前には申し込みをしたほうがいいでしょう。急いでいる場合は、その旨を伝えると状況に応じて対応することも可能です。

ブライダルフェアじゃないと見学できませんか?

ブライダルフェア以外の日程でも、事前に連絡をすれば見学することが可能です。1人で見学することもできるので、都合がいい時に見学してみるといいでしょう。

広告募集中